そもそも太れない原因って?遺伝や体質が原因?

「太りたい」と考えるかたは、ご自身が

「不健康に痩せすぎているのではないか」

「何かの病気なのでは……?」と不安を抱えておられることでしょう。

太りたくても太れない。

その原因はどのようなところにあるのでしょうか。

要因は大きく分けて『心理的要因』『身体的要因』の2パターン

心理的要因の一つにあるのは(痩せすぎ状態に陥ってしまう前に)

「痩せよう!」「痩せなければいけない!」と考えるあまり、

エスカレートしてしまい気付いた時には体型がコントロールできなくなってしまったパターンです。

主にモデルやレースクイーン・コンパニオンなど痩せすぎが標準となっている職業に就いている場合や、

または周囲がモデル並みに痩せすぎている人ばかりという環境による強迫観念が起因しています。

二つ目の心理的要因は

「食べなければ!」「太らなければ!」というプレッシャーです。

過度なストレスは胃を中心とした内臓に負担がかかります。

食べようという意志に反して身体(内臓)が受けつけてくれなくなり、それがまたストレスに繋がるというマイナスループに陥ってしまうのです。

食べることはできてもその後必ず吐き戻してしまうという状態の人もこのストレスループが原因かもしれません。

太れない『身体的要因』とは?

病気に至らない『不調』と、既に進行してしまっている『病気』がこの身体的要因に当てはまります。

まず『不調』についてのお話です。次のような身体機能の不調は、主にたくさん食べようとしても食べられない『少食』状態を引き起こして太ることを妨げます。

・痩せすぎによる筋力不足が、空腹感を感じにくい状態にしている。

・口腔内や歯・舌の痛みで、食べ物を噛んで喉に通すのをつらくしている。

・痩せすぎからくる冷え症から、食欲不振や消化機能の低下を引き起こしている。

・食べ物の好き嫌いのため、健康的に太るための栄養が不足したり偏りが生じたりしている。

今は『不調』程度でも、そのままにしておくと『病気』に進行する大きな要因となりますのでご注意ください。

次に『病気』についてのお話です。太ることができない病気の例にはこのようなものがあります。

・癌(がん)

・パセドウ病(甲状腺機能亢進症)

・体内に寄生虫が棲んでいる

ガンやパセドウ病という非常に恐ろしい病名が出てきましたね。

もしご自身の太ることができない理由が「この大病だったらどうしよう……」と不安を覚えることでしょう。

しかし病気は早期発見することで進行を食い止め、回復するケースも多々あります。

恐れずに信頼できる医師に相談してみましょう。

太れない原因に遺伝は関係するか?

太ることができない体質は、遺伝というよりその両親と共に過ごす環境のほうに影響される要因のほうが大きいようです。

これは痩せたい人の例ですが、テレビなどで平均よりもはるかに体重の重い人がダイエットするという企画番組をご覧になったことがありますか?

こういった番組では先ず挑戦者の幼少の頃からの家庭環境を紹介しているのですが、多くのケースはご両親(または片方)も太っていて大食漢です。

そして子供さんたちにも脂っこいもの、カロリーの高いものを大量に食べさせています。

これに対して、痩せすぎ体質のかたもご両親か片親が痩せ体質・少食の人が多いのです。

少食な母親は、やはり自身の食べる量を基準にして家族の食事を作りますね。

そして食事内容もあまり高カロリーなものを作らずあっさりした物を好む傾向にあるようです。

遺伝が100%無関係だとは言いきれませんが、やはり痩せの原因は家庭の食生活や環境による影響のほうが大きいようですね。

若いときは痩せすぎ、しかし歳をとると一転してリバウンド太りする体質の人もいる

主に子供のときにあまりご飯やおかずを食べず糖分を多く含むお菓子やジュースを多く摂取していた人にみられる現象です。

全く太らないからとそのような生活を続けても痩せすぎてガリガリ状態だったのに、20~30代頃から急激に太り始めてまったく別人のような体型(見るからに標準以上にかけ離れた脂肪過多体型)になってしまう人は少なくありません。

太れないからと高カロリーで栄養バランスの悪い食生活を続けることは身体によくありませんのでご注意ください。

痩せすぎの原因は、筋肉不足や食事量の不足?

いいえ!太れない原因は、痩せやすい腸内細菌が多いから!

本気で太りたい方。まずは公式HPをチェック!

ライター:ミナト香選